たまゆら湯 〜 湯気三昧な銭湯散歩〜

ワンコインで心も体も蕩けさせてくれる「 銭湯 」が大好き。そんなワタクシの銭湯散歩。

銭湯散歩 vol.404 すえひろ湯 / 品川区大井町 | 再開後の再会が楽しみでしかない贅沢な空間で蕩けた20220530

5月末で閉店されるとの話があったが、同じ品川区の金春湯さんが継業され休みを挟んだのち、引き続き営業される事が決まった大井町のすえひろ湯さん。

f:id:a24figaro:20220603201612j:image

先日伺った別の銭湯さんで、ご店主さんと「すえひろ湯が閉まらなくて良かった、あそこは何かとスゴイんだよ」と話題にあがり、さらには「行ったことがないなら、改装する前に今のすえひろ湯さんにも一度行っておいた方がいい」とまで言われたら、行ってしまうのも当然のことだ。

f:id:a24figaro:20220603201618j:image

 

f:id:a24figaro:20220603201610j:image

21時閉店がハードルだったが何とか余裕を持って来ることが出来た。

f:id:a24figaro:20220603201623j:image

広いロビー、脱衣場も広い、更には浴室も広い。

個人的な最大の萌えポイントは、真ん中が突き抜けていて内側には3つずつ外側には6つずつの石鹸置き付きのカランが配された飛び島式?カランだった。

f:id:a24figaro:20220617100143j:image

これはよその銭湯さんで出会ったことがない。

空いていたのでもちろんこちらを使って体を洗い清める。素人考えだが、直線に配置した方が配管だって楽だろうし、数だってもっと多くできるだろうにこの形で作るとはなんとも贅沢だ。

※脱衣所・浴室内は撮影不可の為、品川浴場組合公式サイトから転載させていただきました。

お風呂は右から寝風呂、電気風呂、座風呂にバイブラ付き主浴槽、岩風呂になった薬湯が一列に並び、薬湯の向かいには富士山型と形容すれば良いのだろうか、独特の形をした水風呂と豊富。

面積と容積を贅沢に使った空間で電気風呂にシビれ、ジェットに打たれ、薬湯で鼻腔をくすぐられ、水風呂でシャキッとしめて蕩けた🤤

f:id:a24figaro:20220603201621j:image

さすが余所の銭湯のご店主さんに「行ったことがないなら、一度行っておいた方がいい」と言わしめさせるだけはある。

カニの排水溝蓋があるのも個人的には嬉しいポイントだ。

晩夏に再オープンした際もじっくり堪能させていただこう。

至福の時間をご馳走様でした🙏

f:id:a24figaro:20220603201615j:image

大井町には寄りたい店があったが、リサーチ不足でタッチよりも大きな時間差で間に合わず準備中になっていた。

f:id:a24figaro:20220603201607j:image

今日はいいお湯をいただいたし、まいっか。

また来ればいいだけの事だ。

最後までお読みいただきありが湯ございました🙇‍♂️

※品川浴場組合公式サイト、すえひろ湯さんの紹介ページはこちら。

shinagawa1010.jp

※金春湯さんからの継業に関する大切なお知らせはこちら。