たまゆら湯 〜 湯気三昧の銭湯散歩 〜

「 銭湯 」が大好き。散歩も大好き。そんなワタクシの心と体が蕩けるままの銭湯散歩。

銭湯散歩 vol.639 千代の湯 / 荒川区尾久 | 音楽と映画の祭典!「ムーラボ」会場で観る野球どアホウ未亡人に蕩けた20231208

オープニングムービーがめちゃめちゃ素敵な、音楽と映画の祭典「 MOOSICLAB2024 」※MOOSIC LAB 2024 / OPENING MOVIE はこちら。youtu.be

その祭典で自分の推し映画「野球どアホウ未亡人」が上映される。
ということで新宿K's cinemaへ。

小野監督は「お洒落なテーマソングのおかげで声がかかった~」と謙遜されるが、実際に主人公”水原夏子”を演じた森山みつきさんが歌う主題歌は本当にカッコいい。
その主題歌”野球どアホウ未亡人のテーマ”と同じようにカッコいい劇伴、美しい映像、名ゼリフの数々、観客席から沸き立つ笑いを浴びて蕩けた🤤

アフタートークに登壇されたのは、ムーラボのパンフレットを手にした藤田さんと小野監督。サービス精神旺盛なお二人の掛け合い、何度見ても本編と同じくらいに面白い。

舞台挨拶後もサービス精神に溢れるお二人からムーラボのパンフレットにサインをいただく。

ポーズもありがとうございます!!

f:id:a24figaro:20240219125808j:image

推し映画を観た湯上がりならぬ映画上がり、推し銭湯に行きたくなった。自転車に跨り千代の湯さんへ。
番頭さんに「K's cinemaで観た」野球どアホウ未亡人の感想を話してから、安定のトゴールの湯に浸かり、映画を思い出してニヤニヤしながら蕩けた🤤
至福の時間をご馳走様でした🙏

f:id:a24figaro:20240102112920j:image

同じ作品でも違う劇場、違う椅子、違う設備で観ると何となく違うものだ。翌日はいよいよ新文芸坐での上映とあって、また違った景色が観ることができるだろう。
楽しみはまだまだ尽きない。
最後までお読みいただきありが湯ございました🙇‍♂️

※1010、千代の湯さんの紹介ページはこちら。www.1010.or.jp

銭湯散歩 vol.638 富士の湯/ 葛飾区堀切菖蒲園 | 藤咲彩音さんの生誕個展からの富士の湯、藤から富士。2つのFUJIで蕩けた20231207

本業でのお付き合いもあり、公式サイトが
コンテンツ東京は、ライセンシングジャパン、クリエイターズEXPO、映像・CG制作展、広告クリエイティブ・マーケテイングEXPO、先端デジタルテクノロジー展、5つの専門見本市から構成され、コンテンツビジネスを支えるあらゆる要素が出展する大規模国際総合展です。
エンターテイメント産業活性化やマーケティングにおけるコンテンツ活用促進を目的に、【人】【技術】【サービス】の出会いの場を提供します。
こう紹介する展示会に行ってみた。
ゆっくり目に家を出て、ジャポネさんのジャリコで腹ごしらえ。

満腹になったお腹を抱えて、ウトウトしながらバスに揺られる。会場の東京ビッグサイトは終点なので乗り過ごしの心配はない。

画像

とんでもないハイテクまみれな会場でついて行けなかったらどうしよう。と思ったが実際に対面して、会話をして、名刺を交換して。というブースが意外に多く一安心。

ジモジマさんのブースが楽しすぎて圧巻。

画像

パンフレットと一緒にお菓子を添えてくれる企業さんにはうまい棒が人気なようで仕事に関係しそうなブースや、関係はまったくなさそうだが個人的に興味があるブースなどを巡るうちに少しずつ増えていく。

造り手さんに売り手に買い手、需要と供給が一堂に会した総合展示会はかなりの賑わい。たくさんの方とお話しすることができ、いろいろと学びになった。
さらばビッグサイトよ。

会場で合流した取引先の担当者さんから他の社員さんたちにご紹介していただく機会があったのだが、紹介していただいた方の半数以上と
「いつもお名前伺っております!銭湯がお好きでいらっしゃるんですよね!」
の会話を交わした。
あちらの会社でどんな説明されてるんだろ…

定時よりも早く業務終了できちゃったし、この後はどうしよう。ということで東京駅行きバスに乗り、乗り換えた丸の内線を淡路町駅で下車して、AWAJI Café & Galleryへ。

推しの一人、でんぱ組.incで普通のブルー担当。埼玉特命観光大使フィンランド親善大使の顔も持ち、この日12月7日に誕生日当日を迎えたピンキーこと藤咲彩音さんの生誕記念個展「Elämä」が開催されていたのだ。

イベント期間限定のシールがカップに貼られたホットココアをいただきながら展示を鑑賞。
ランダムでもらえるバッジもピンさん柄なのが嬉しい。

過去の生誕衣装に挟まれるように展示されていた、ピンさんが撮影されたメンバーさんの写真。彼女だから捉えられた自然な表情が素敵だ。
会場に貼られていた写真の中には銭湯で撮影したチェキもあり勝手に親近感がわく。

過去グッズや富士山に登られた時の富士山保全協力者証などなどの秘蔵グッズが並ぶテーブル。

抽選販売されていたイラストの購入を検討するも締切日時をすっかり失念。抽選のステージにすら登れなかった…無念。
個展タイトルの「Elämä」(エラマ)はフィンランド語で「人生、生き方、命」を表しているそうで、壁に書かれたメッセージからも、タイトルにこめられた彼女の思いが伝わるとても素敵な展示に蕩けた🤤
至福の時間をご馳走様でした🙏

素敵な展示で心温まった後は、お風呂で体を温めよう。
藤咲さんの誕生日にちなんで、「藤の湯」に行こうと思いもしたが、近隣の藤の湯さんは定休日で断念。
字は違えど音は同じ堀切菖蒲園の富士の湯さんに向かった。
常連さんたちの会話に混ぜてもらったり、富士山のモザイクタイル絵を眺めたりしながら、開催されていたイベント湯のハーブが香る深湯のあつ湯をメインに浸かって蕩けた🤤
至福の時間をご馳走様でした🙏

有楽町でランチを食べた後、お台場、神田、堀切菖蒲園と移動。
我ながら充実の散歩コースだ。
最後までお読みいただきありが湯ございました🙇‍♂️

葛飾銭湯公式サイト、富士の湯さんの紹介ページはこちら。

katsushika1010.com

※会場のAWAJI Café & Gallery公式ページ、個展「Elämä」開催時の紹介ページはこちら。

awaji.tokyo

銭湯散歩 vol.637 千代の湯 / 荒川区尾久 | 「銭湯の開店準備して一番風呂に入るツアー」で、みんなが、みんなで、みんなと準備したお風呂に蕩けた20231126

「一歩も動かないツアー」や「獅子舞研究家と行く!獅子舞体験ツアー」、「トーキョー立ち話フェスティバル」などなど興味深いツアーをたくさん企画している「マニアなツアー」さんが「銭湯の開店準備して一番風呂に入るツアー」なるものを2023年11月26日(日)いいふろの日に千代の湯さんで開催された。

※マニアなツアーさんの公式note、「銭湯の開店準備して一番風呂に入るツアー」参加者募集時の紹介記事はこちら。

note.com

募集からあっという間に満員御礼となったこのツアー。
ガイドは千代の湯店長、長谷川氏。
冒頭に記しておきますが、脱衣場、浴室での撮影は禁止されております。掲載した写真はイベント開催時に施設の許可を得て撮影、掲載しております。

f:id:a24figaro:20240102113224j:image

参加者全員の受付が終了したら、濡れても良い服に着替えて再度集合。

バックヤードを案内され設備の説明を受け、実際に操作する参加者さんたち。

こんな機会でもなければ普段なかなか触る機会もなさそうな設備に興味津々。

f:id:a24figaro:20240102113237j:image

僭越ながら自分もちょこっとお手伝い。
参加者さんと一緒にカランや鏡、ケロリン桶や椅子に湯船を洗い終える。
皆さんの作業っぷりには体験とは思えない作業への熱量を感じた。
千代の湯自慢のトゴールの湯に使われている「石」そのものの姿を見せてもらった後は湯船への投入体験。

f:id:a24figaro:20240102113304j:image

ある程度のお湯が溜まったらジェットバスのスイッチオン!
代表者がスイッチを入れ、吹き出すジェットに湧き上がる歓声

店長によるポリッシャー講座。
華麗なポリッシャーさばきを見た後は代表者さんも体験。
コツをつかむと面白いくらい自由に動かせるが、慣れるまでは手ごわいのよね。
ちなみに自分は、コツをつかむ>間が空く>コツを忘れるのループを繰り返し、現在はすっかりコツを忘れているターンです。

浴槽にお湯が溜まるまでトークタイム。
銭湯を継ぐことになったきっかけや一銭湯ファンとしての思い、参加者からの質問コーナーなど、もりだくさんかつ濃厚な内容に参加者さんと一緒に聞き入る。

f:id:a24figaro:20240102113231j:image

トゴールの湯の浴槽にお湯が溜まったところでこの日の変わり湯、「ルイボスティーの湯」の素の投入体験。透明なお湯がルイボスティー色に染まっていく様子にも歓声が沸き上がる。

f:id:a24figaro:20240102113241j:image

勢いよく湯船からあふれるお湯。
完全に自分の趣味の写真です。

開店時間が近づき、一般のお客さんたちと一緒に入店するべく一度お店の外へ。

f:id:a24figaro:20240102113214j:image

外の寒さが吹き飛ぶくらいに、参加された方々の熱量こもったツアーの後、皆さんがきれいに掃除した脱衣場で脱いだ服をロッカーに入れ、皆さんときれいにした浴室で皆さんで沸かしたお風呂をいただいて蕩けた🤤
至福の時間をご馳走様でした🙏

f:id:a24figaro:20240102113221j:image

・釜場や濾過器などバックヤード見学
・浴槽洗い
・カラン回り/鏡洗い
・桶椅子洗い
・脱衣場清掃
・給湯作業
・ジェットバスなど各種スイッチ操作
・番台体験

ざっと挙げただけでもこれだけの仕込み作業を見学体験でき、男性の方は女湯に、女性の方は男湯に。と普段は立ち入ることができない部分にも入ることができたこのイベント。
参加者さんたちの熱量で湯が沸くんじゃないか?とすら思えるほどのあの盛り上がりと充実っぷりなら、きっと第二回が開催されるはず。銭湯のウラ側が気になる方、お見逃しなくですよ。

最後までお読みいただきありが湯ございました🙇‍♂️

※よそでは味わえない!個性的なツアーを楽しみたいならここ「マニアなツアー」公式noteはこちら。

note.com

※引継ぎ前の千代の湯さんで、おかみさんのポリッシャーさばきに蕩けたあの日のブログはこちら。

tamayura-yu.hatenablog.com