たまゆら湯 〜 銭湯散歩で湯気三昧 〜

ワンコインで心も体も蕩けさせてくれる「 銭湯 」が大好き。そんなワタクシの銭湯散歩。

銭湯散歩 vol.250 梅の湯 / 荒川区小台 | 「 チルの湯 」のリラックス成分で心も体もCHILL OUTして蕩けた20201123

2020年11月23日に梅の湯、喜楽湯、大崎金春湯、小杉湯、十條湯、西小山東京浴場、殿上湯の7銭湯で同時開催された「 チルの湯 」

f:id:a24figaro:20201124022203j:image

普段であれば月曜日が定休日の梅の湯さんだが、祝日のこの日は営業日、久しぶりに蕩けさせていただこう。と梅の湯さんでチルの湯をいただいた。

f:id:a24figaro:20201124022227j:image

 浴室に入り体を洗い清め湯船の方に向かうと高濃度水素風呂の大きな湯舟がチルの湯になっていた。勝手に薬湯の湯舟が「チルの湯」になっていると想像していたので、この大きな湯舟で珍しい変わり湯を堪能できるとは嬉しい誤算だ。

ヘリに頭を乗せて、天井を眺めながらお茶の成分でもあるテアニンを含んだ茶褐色のお湯にゆったりと浸かっているうちに体も心もほぐれていく。

なぜか感極まり目頭が熱くなる。

油断していたらこぼれてしまうほど溜まった涙に対処するため、頭から顔へとタオルをずらす。

どうやら汗と一緒に色んな感情が溢れ出してしまったようだ。

しばし溢れるまま、こぼれるままに身を任せる。

こんな時は水素風呂の優しい湯温がいっそう心地好い。

湯上りにはイベント日で入浴客に1本プレゼントというお湯ともどもありがたいCHILL OUTをいただく

交互浴後の色んな水分を出した体に染みわたりシュワシュワと蕩けた。
f:id:a24figaro:20201124022223j:image

梅の湯さんでは12月の5日6日に「手作りマーケット」なるイベントを開催されるとのこと。

どんな手づくり品が並ぶのかも楽しみだが、自分も手先が器用だったら出展者側で参加してみたいものだ。
f:id:a24figaro:20201124022231j:image

至福の時間をご馳走様でした🙏

※梅の湯さんのTwitterはこちら。

twitter.com

 

梅の湯さんへの行き帰りに通った都電の線路沿い、秋バラが彩って鮮やかだった。

夜も良きでしたが、明るい時間もきれいだろうな。


f:id:a24figaro:20201124022455j:image

f:id:a24figaro:20201124022450j:image

f:id:a24figaro:20201124022459j:image

今度は日中、バラ鑑賞をメインに来るのも悪くない。

 

そして後日、手づくりマーケット開催時にも訪問。

素敵なアクセサリーや手ぬぐいをリメイクした巾着袋、可愛いバッグやクリスマスモチーフの雑貨などたくさんの品々がロビーを彩っていた。


f:id:a24figaro:20201206111356j:image

f:id:a24figaro:20201206111348j:image

f:id:a24figaro:20201206111352j:image

 

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️

※以前に梅の湯さんで蕩けた時のブログがこちら。

tamayura-yu.hatenablog.com