たまゆら湯 〜 湯気三昧な銭湯散歩〜

ワンコインで心も体も蕩けさせてくれる「 銭湯 」が大好き。そんなワタクシの銭湯散歩。

銭湯散歩 vol.430 サンフラワー / 豊島区巣鴨 | ゆたか食堂とサンフラワー、新たな巣鴨優勝コースに蕩けた20220712

雨の巣鴨駅で下車。

ラストオーダー直前?寸前?の本当にギリギリでゆたか食堂さんに到着。

f:id:a24figaro:20220722093302j:image

一番食べたかったの火曜メニューの煮込みハンバーグこそ逃したが、ホタテフライにエビフライ、アジフライと豪華な顔ぶれのゆたか定食を食べることができた。それだけで十二分に嬉しい。

f:id:a24figaro:20220722093254j:image

今のところお風呂前にしか利用できておらず食事を楽しむことしかしていないが、いつかは銭湯/サウナ後に来て飲酒も嗜みたい。

食後、どこでお湯をいただこうか少し考え、何年かごしで何人かのお湯仲間に「いいよ」と言われ続けていたけれどタイミングを逸していたサンフラワーさんへ向かうべくエレベーターのボタンを押した。

f:id:a24figaro:20220722093245j:image

下足箱に靴を預け、カウンターで受付を済ませる。発行当日から利用できる会員制度があるというのでもちろん申し込んだ。

f:id:a24figaro:20220722093238j:image

体を洗い清めながら見回した浴室には大きな湯船、隣に水風呂、サウナはドライとスチームの2つ。どこからいただこうか悩んでしまう。

まずは大きな湯船に浸かって体をほぐし、水風呂で体を〆る。

しっかり冷えたあたりで、さてドライサウナを。と思い入室すると、スタッフさんによるロウリュ開始とほぼ同タイミングだったようだ。

スタッフさんが一杯かけるごとに上がる蒸気と体感温度、注ぎ切る頃には耳や肩がヒリヒリしてきた。そろりそろりとサウナ室から出、汗を流して隣接された水風呂へ。

入室時に、サウナハットを被り肩からタオルをかけ、さらに腰回りにもタオルを巻いて座っている先客を見かけて「ずいぶん重装備だなぁ…」と思ったが、アレに対応するためだったのか。とキンキンな冷え具合がありがたい水風呂に浸かりながら頷いた。

タイル張りのスチームサウナ室は蒸気の噴出口に薬草が置かれて、熱いながらも居心地好く、スチームサウナ好きな自分としてはありがたいことこの上ない。

ドライサウナもスチームサウナも水風呂もお風呂も何をとっても自分好みで最高だったけど、それ以上にスタッフさんの自然な動きで保たれるこの上ない清潔感。例えば今置かれた使用済みのビート板マットが、すぐに「使用済み」コーナーから消えてしまう様は、例えるなら舞浜にある某施設のようだ。

f:id:a24figaro:20220722093230j:image

浴室を後にして館内着を着て館内探検。レストルームのリクライニングチェアでも寛ぐ。お客さんは少なくないが、どことなく落ち着ける。

f:id:a24figaro:20220722093306j:image

浴室でもロッカー周りでも、館内着を着て過ごす休憩エリアでも、あれだけの人たちが推す理由を体感して、クオリティとホスピタリティの高さに蕩けた🤤

時間はあまりなかったが、ギリギリいっぱいまで館内を堪能すると同時に、これからは自分も「いいよ」とオススメする側になることが確定。

至福の時間をご馳走様でした🙏

f:id:a24figaro:20220722093242j:image

結構な雨量だったが、巣鴨駅までのこの距離はありがたい。

f:id:a24figaro:20220722093258j:image

ゆたか食堂さんを起点とする優勝コースがまた一軒増えると同時に、嬉しい悩みが1件増えることになった。

最後までお読みいただきありが湯ございました🙇‍♂️

 

※サンフラワーさんの公式サイトはこちら。

www.sunflower-capsule.com