たまゆら湯 〜 銭湯散歩で湯気三昧 〜

ワンコインで心も体も蕩けさせてくれる「 銭湯 」が大好き。そんなワタクシの銭湯散歩。

銭湯散歩 vol.385 堤柳泉 / 台東区三ノ輪 | 認定おめで湯ございます!天然浅草温泉で蕩けた20220428

只者ではないと思っていたお湯は、やはり只者ではなかったらしい。

これはめでたい!ということでその日の仕事終わり日比谷線に乗り込んで三ノ輪駅で下車。

f:id:a24figaro:20220502123141j:image

スカイツリーを眺め、土手通りを歩き堤柳泉さんへ向かっていたのだが途中で何となく脇に入ってみた。

一本裏に入った道をのんびり歩いていたら「すみません」と男性から声をかけられ、道でも聞かれるかなと思い、立ち止まって「なんですかい?」と話しを聞く

「この辺で野宿できるところ知りませんか?」と聞かれたので「あぁ、地元じゃないからちょっと分からないな…」と答えたら「ちゃんとこっちの顔を見て話してくれてる、嬉しいなぁ」と、いきなり泣き出された。

「いやいや当たり前の事でしょ」

「そんなことない」ここまでよほど冷たくあしらわれてきたようだ。

「明日明後日、日雇いの仕事をしてそのお金で秋田に帰りたい」

そんな彼の話をしばらくの間路上で聞いた。

物乞いしてくれたら楽なのだが、そこは逆なのだ。

困ってはいる。でも施しを受けたいわけじゃない。

ペットボトルの水一本すら受け取らず「話を聞いてくれてありがとうございました」そう言って足早に去っていってしまった。

f:id:a24figaro:20220502123203j:image

何も役に立てず申し訳ないな。と思いながらも自分にはどうしようもできない。

f:id:a24figaro:20220502123149j:image

しっかりとお湯を楽しまさせていただかなくては堤柳泉さんにも失礼というものだ。

f:id:a24figaro:20220502123206j:image

階段を上り、フロントにいらっしゃったご店主に浅草温泉のお祝いを告げ、お湯をいただく。白湯もあつ湯も変わり湯も漢方薬湯もどれをいただいても、その肌当たりはとてもしなやかで「天然温泉だったんだなぁ」と湯治気分であらためて蕩けた。

浅草温泉。これからもお世話になります。

f:id:a24figaro:20220502123157j:image

至福の時間をご馳走様でした🙏

鶯谷で飲んでいるというお湯仲間に合流したい旨を伝え、最適な交通手段を尋ねたところ「鶯谷なら2キロくらいだし、自分なら歩いちゃうかな」とフロントで教えていただいた。たしかにその通り。と徒歩で向かう。

f:id:a24figaro:20220502123211j:image

さっきの彼、いないかな。

辺りを見回しながら歩いてみる。

f:id:a24figaro:20220502123152j:image

そんな簡単に会えるわけもなく、お湯仲間が待つお店に到着。

肴は麻婆豆腐に

f:id:a24figaro:20220502123154j:image

赤ウィンナーに

f:id:a24figaro:20220502123138j:image

カレーのアタマに

f:id:a24figaro:20220502123209j:image

焼き餃子。

f:id:a24figaro:20220502123145j:image

話題は堤柳泉さんと、道中で出会った男性の話。

「あそこまで頑なだと連れてきて一杯おごりたかったよ」

「連れて来てもらって一杯くらいおごってあげたかった」

自分もお湯仲間も、どちらも同じ思いのようだ。

無事に一晩過ごして、ちゃんと秋田に帰れるといいな。

名前も知らない彼を思い乾杯した。

無事に故郷に帰れているといいな。

最後までお読みいただきありが湯ございました🙇‍♂️

 

※堤柳泉さんの公式Twitterはこちら。

twitter.com

 

※堤柳泉さんのお湯に初めて蕩けたあの帆のブログはこちら。

tamayura-yu.hatenablog.com