たまゆら湯 〜 銭湯好きの湯気三昧日記〜

ワンコインで至福な気分になれて、カラダもココロも蕩けさせてくれる「 銭湯 」が大好き。そんなワタクシの銭湯散歩。

銭湯散歩vol.182 要町 山の湯 | 何も変わらないことに感謝して蕩けた20200610

久しぶりの「ただいま」を言うために要町ラビリンスを抜ける。

この季節は看板が紫陽花で彩られ、秘湯感がいつにも増してたまらない。

f:id:a24figaro:20200619210116j:image

緊急事態宣言前に訪問した時よりも賑わう浴室がなんだか嬉しい。

以前と同じように、ひょうたん型の湯船で温まってからの水シャワー、そしてスチームサウナでたっぷりの蒸気と漢方の香りに包まれてしっとり蕩けた。

ほんの少しの間来れなかっただけだのに、パワフルなバイブラも、熱めの湯温も、サウナ室のよもぎの香りも懐かしく感じる。

終電まで時間もあったので湯上がりにマッサージチェアを堪能しながら、脱衣場の壁に貼られたポスター、並んだ洗濯機、ロデオボーイ、もちろん山の湯さんそのものを眺め、何も変わらずここにあってくれた事に嬉しくなった。

ありがとう。

f:id:a24figaro:20200619210157j:image

至福の時間をご馳走様でした🙏

※1010、山の湯さんの紹介ページはこちら。

www.1010.or.jp

※以前に山の湯さんで蕩けたあの日のブログはこちら。

tamayura-yu.hatenablog.com

月明かりに照らされながら、あの銭湯さんにもこの銭湯さんにも、早く「ただいま」を言いに行きたい。

そんな事を思った夜だった。

f:id:a24figaro:20200619210237j:image

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️