たまゆら湯 〜 湯気三昧な銭湯散歩〜

ワンコインで心も体も蕩けさせてくれる「 銭湯 」が大好き。そんなワタクシの銭湯散歩。

銭湯散歩 vol.324 竹の湯 / 港区麻布十番 | 黒蜜のように濃厚な黒湯温泉で蕩けた20211027

お湯仲間にも某銭湯のご主人にも「行ってないなら早く行ってみて!」と以前から言われていたものの、ついつい機会を逸していた竹の湯さん。
ついには上司にまで「黒湯がいいんだよね!良く行くよ!」とオススメいただいたので、これはいよいよとこの機会に初訪問。

麻布十番駅を下車、一番出口から地上に出て麻布通りを品川方面に歩き二の橋交差点を右折、少し歩いているうちに、道が合っているのか不安になっている気持ちを見透かしたように、竹の湯さんの電柱看板が現れた。

f:id:a24figaro:20211030091927j:image

これは助かる。とありがたく思って直進しているとさらにもう一枚!
f:id:a24figaro:20211030091903j:image

しかしこの後、カラフルな雨避けや素敵な看板たちに気を取られ歩いていたら、曲がるべき通りを通り過ぎてしまったのは自業自得というかいつものこと。
f:id:a24figaro:20211030091947j:image

気を取り直して正しい道に戻り、鮮やかな黄色が目を惹く竹の湯さんの看板と対面。
f:id:a24figaro:20211030091940j:image

明るい門構え。ネオン管の輝きがまたたまらない。
f:id:a24figaro:20211030091836j:image

温泉分析書もしっかりあり、ますます楽しみだ。
f:id:a24figaro:20211030091857j:image

女湯の壁絵は日本地図のモザイクタイル絵なのですね、一度見てみたい。
f:id:a24figaro:20211030091840j:image

ひとしきり外観を堪能した後、しっかり手指を消毒してお湯をいただきます。
f:id:a24figaro:20211030091850j:image

お湯をいただく前から、脱衣場と浴室の間にある引き戸の上のステンドグラス、浴室壁に描かれた帆船のモザイクタイル絵などの装飾が好みすぎてツボだったのだが、お湯はそれ以上にツボだった。

底が見えないくらいの、黒蜜のように濃厚な黒湯のお風呂はぬるめと熱めの二種類、さらにしっかりと冷たい濃厚な冷鉱泉水風呂も用意されている。それぞれの肌あたりもとろりとして心地好いのだからたまらない。湯船をループしての交互浴だけでも蕩けてしまうが、サウナも良かった。

決して大きくはないがしっかり汗をかける自分好み好みのサウナ室。FMラジオが流れているのもなんだか嬉しい。

音楽に耳を傾けじっくり熱を入れてからの黒湯水風呂もまた極上でしかない。

もうひとつ忘れずに書いておきたいのはカランから出る白湯の肌あたりだ。黒湯はもちろん心地好いのだが、こちらもとても心地好かった。

タイプが違う2つのお湯を同時にいただける竹の湯さん。黒湯も白湯も、どちらも看板に偽りなしの「しっとり・すべすべ美肌の湯」で贅沢に蕩けた。

至福の時間をご馳走様でした🙏

 

湯上がりのロビーで喉を潤していると、ご主人が初めて来たとおぼしきお客さんに何かを見せている。

それはカード式ロッカーの鍵の部分。そこだけが用意してあり、中で困らないようにと使い方を説明しているとの事。そんな優しい心遣いにもまた蕩けた。

f:id:a24figaro:20211030091950j:image

最後までお読みいただきありが湯ございました🙇‍♂️

※麻布黒美水温泉 竹の湯さんの公式サイトはこちら。

takenoyuazabu.wixsite.com