たまゆら湯 〜 湯気三昧な銭湯散歩〜

ワンコインで心も体も蕩けさせてくれる「 銭湯 」が大好き。そんなワタクシの銭湯散歩。

銭湯散歩 vol.329 熱海湯 / 新宿区飯田橋 | いつもありが湯ございます♨️ご主人の笑顔に蕩けた20211110

熱海湯さんが好きだ。

佇まいも好きだし、清潔感も言うことないし、熱めに拵えられたお湯もたまらないし、そして何より最高なのは、「お客さんに気持ちよくお風呂に入ってもらいたい」といつもピカピカに手入れをしてくれるご夫婦のお人柄だ。

f:id:a24figaro:20211111000509j:image

「この人も多分好きだろうな...」と思った人におススメさせていただくことも少なくないのだが、ちょうどこの日の残業中、おススメしていた方から「熱海湯さん行ってきました!感無量です!」との一報をいただいていた。

そんなこともあり、自分も無性に行きたくなり仕事終わりに飯田橋でメトロを下車して神楽坂を登った。
f:id:a24figaro:20211111000513j:image

入り口の女湯側に飾られた七五三衣装で千歳飴を持つ女の子の折り紙が可愛い。
f:id:a24figaro:20211111000517j:image

男湯側は紅葉と芸術の秋を楽しむタヌキさんの折り紙だ、こちらも可愛いじゃないか。

時期に応じて入れ替わる折り紙を見るのも熱海湯さんでお湯をいただく時の楽しみの一つだ。
f:id:a24figaro:20211111000521j:image

ご主人に480円を手渡し挨拶と受付を済ませ、着ていた服をロッカーに入れて浴室へ。

永久腰かけが空いていたので手に取ってピカピカのカランを眺めながら体を洗い清める。いつもながらピッカピカだ。むしろ来るたびによりきれいになっているのでは?と思ってしまうほど美しく、ご夫妻には頭が下がる。

お湯をいただいたあと、ご主人に「紹介させていただいた知人が今日来たみたいで『感無量です!』『ピッカピカで感動しました!』って連絡きましたよ!」と伝えさせていただくと、ご謙遜されながら嬉しそうに「そんな風に思ってもらえるなんて、ありがたいねぇ」と仰ったご主人の笑顔にこの日一番蕩けた。

いやいや!ありがたいのはこちらの方です!!

至福の時間をご馳走様でした🙏

最後までお読みいただきありが湯ございました🙇‍♂️

※1010、熱海湯さんの紹介ページはこちら。

www.1010.or.jp

 

※あれやこれやを癒していただいたあの日のブログはこちら。

tamayura-yu.hatenablog.com