たまゆら湯 〜 湯気三昧な銭湯散歩〜

ワンコインで心も体も蕩けさせてくれる「 銭湯 」が大好き。そんなワタクシの銭湯散歩。

銭湯散歩 vol.242 喜楽湯 / 埼玉県川口市 | 生のかぼすの鮮烈な香りに癒されて蕩けた20201017

去る10月17日の土曜日、川口の喜楽湯さんで「生かぼす風呂」が催された。

この日は代打で出勤だったのでちょうど良き。

仕事帰りにかぼすの香りに包まれようと川口へ。
f:id:a24figaro:20201022141053j:image

 ちょうど小腹が減った頃、川口駅に到着。

足が自然に喜楽湯さんとは反対の出口にある太郎焼に向かう。


f:id:a24figaro:20201022141114j:image

f:id:a24figaro:20201022141110j:image

傘をさし、歩きながら焼き立てほかほかの太郎焼を食べる。冷たい雨の降る夜に太郎焼のあったかさと餡の甘さが染みる。

f:id:a24figaro:20201022141203j:image

 食べ終わった太郎焼の包み紙をポケットに入れて歩いているうちに喜楽湯さんに到着。

雨に濡れた「無農薬 生かぼす風呂」の看板、風情がある。

f:id:a24figaro:20201022141301j:image

かぼす風呂」と赤字で書かれた手書きPOPが温かい。
f:id:a24figaro:20201022141255j:image

体を洗い清めて楽しみにしていたかぼす風呂をいただく。

ジェット風呂をいただきながらネットにたっぷり詰まったかぼすの鮮烈な香りに癒されて蕩ける。

これは良き。

高い天井の浴室で、お湯も循環して香りが拡散している事を差し引いたって香しい。

空いているタイミングでサウナを挟んだり、水風呂との交互浴を楽しんだりしながら爽やかな香りに包まれて心ゆくまで蕩けた。

「秋を感じさせる飲み物」ということで入荷されていた「すりすりなし」をいただく、角切りにされた梨の果肉ののど越しがたまらない。
f:id:a24figaro:20201022141241j:image

 すりすりなしを飲んでいる目の前で怪しい挙動をとるタタミ。

f:id:a24figaro:20201022141351j:image

やりやがった!

おもむろにバリバリと
f:id:a24figaro:20201022141319j:image

申し訳ないが決定的瞬間を押さえたあと、被害が拡大する前にそっと抱えあげてご退場いただいた。

これから生の果実を使ったお風呂を意欲的にやっていきたいと話してくれた喜楽湯さん。

今後の変わり湯が楽しみだ。

太朗焼も食べたし、生かぼす風呂もいただいたし、天気は雨降りだが気分は天晴れ、優勝心地で帰路についた。

至福の時間をご馳走様でした🙏
f:id:a24figaro:20201022141315j:image

 

 ※こまめな呟きがありがたい喜楽湯さんのTwitterはこちら。

twitter.com

最後までお読みいただきありがとうございました🙇‍♂️