たまゆら湯 〜 湯気三昧な銭湯散歩〜

ワンコインで心も体も蕩けさせてくれる「 銭湯 」が大好き。そんなワタクシの銭湯散歩。

銭湯散歩 vol.409 亀の湯 / 江戸川区小岩 | カメさんでいただく自分好みの水を使った温冷交互浴に蕩けきった20220607

極上の交互浴を求めて小岩駅で下車、亀の湯さんへ向かう。

f:id:a24figaro:20220608125824j:image

前回も亀の湯さんに向かう道にサンロードを使ったが、この古本屋さんにはつい立つ寄ってしまう。今日も時間があまりないのでじっくり見られず残念。

f:id:a24figaro:20220608125759j:image

お風呂の前にさっとご飯を。と思ったがお目当てのお店にフラれる。

上書きされた定休日。実際は何曜日なのだろうか。

f:id:a24figaro:20220608125802j:image

サンロードの歩道に立つポールは銭湯に星座があしらわれている。12星座だけじゃないところがまた楽しい。

f:id:a24figaro:20220608125821j:image

素敵な佇まいと屋号のお店を見かけて、近寄ったは良いが目的の亀の湯さんを通り過ぎて歩いてしまっていた。

f:id:a24figaro:20220608125813j:image

気を取り直しUターンして亀の湯さんへ。

f:id:a24figaro:20220608125835j:image

来よう来よう。と思っていたけどなかなか来られていなかった。

f:id:a24figaro:20220608125816j:image

 

f:id:a24figaro:20220608125807j:image

お湯をいただく前から手入れが行き届いた脱衣所と浴室のピカピカさに蕩け、そして浴室ではやめ時が決められないくらいに心地好い地下水かけ流しのあつ湯と水風呂の交互浴でさらに蕩けて、キンキンに冷えた水枕の座風呂と寝風呂で蕩けきった🤤

確かに熱い。熱いのだけれど痛さを感じない亀の湯さんのお湯、特に深湯は自分好みだ。

f:id:a24figaro:20220608125827j:image

湯上りのロビーでご店主と久しぶりに話させていただき、念願の可愛いオリジナル手ぬぐいを手に入れた。使うのが楽しみでしかない🐢

f:id:a24figaro:20220608125830j:image

「わざわざ」と仰っていただいたが、このお湯と水風呂をいただけるなら全然許容範囲ですぜ!

至福の時間をご馳走様でした🙏

f:id:a24figaro:20220608125810j:image

帰りは昭和通りを歩いて小岩駅に向かう。

早速レトロ感あふれるたばこ屋さんと街角狸に出会った。

f:id:a24figaro:20220608125833j:image

公園で出会ったパンダを模した遊具。

うーん、これはダウトじゃなかろうか。

f:id:a24figaro:20220608125805j:image

普段あまり歩かない商店街を歩くと色んな看板に出会えるのも楽しみの一つ。

「ルチア」素敵なフォントだ。

f:id:a24figaro:20220608125818j:image

いいお湯をいただいたあとは散歩もいっそう楽しい。

最後までお読みいただきありが湯ございました🙇‍♂️

お湯の好みが近い方にはぜひ味わっていただきたい。

※1010、亀の湯さんの紹介ページはこちら。

www.1010.or.jp

※亀の湯さんで初めてお湯をいただいて蕩けたあの日のブログはこちら。

tamayura-yu.hatenablog.com

 

銭湯散歩 vol.408 ニコニコ湯 / 足立区北千住 | ミニプールでぷかぷか泳いで蕩け、銭湯のお宝に蕩けた20220604

通勤途中にそれは見事にサボテンを育てている理容室がある。

いつも帰り道に愛でさせていただいていたのだが時間が遅く、お店は閉まっていた。

が、ちょっと早めに自転車で通りがかったこの日。ご主人がお手入れされている最中に通りがかることができ、嬉しさのあまり「いつも勝手に愛でさせていただいているものです、いつも目の保養をありがとうございます」と、Uターンして自転車を止め、お礼を述べさせていただいた。

今思えばただの怪しい奴だ。

f:id:a24figaro:20220606214939j:image

しかしそんな自分を不審者がることなく「兄さんも好きなのかい」と育てている植物たちについていろいろと教えてくれたご主人。ありがとうございます。

しかしお礼はそこで止まらなかった。

「せっかくだから1つ持っていきなよ。これなんて明日には咲くよ」と一鉢いただいてしまった。

「袋がいるな。ちょっと待ってね」とわざわざ袋まで持ってきて頂いて感謝することこの上ない。

f:id:a24figaro:20220606214909j:image

ありがとうございました。

大切に育てます🙏

 

そんな夜に訪れたのは久しぶりのニコニコ湯さん♨️

ちょっと前に公式さんが黒ボディTシャツリリースを呟かれていたこともあり気になっていたのもあり、「これから銭湯行こうか?」と話していたお湯仲間にそのツイートを見せ「このTシャツも気になってるんだよね」と提案。

「え、かっこいい…自分も欲しい」と二つ返事で行先決定。

※Tシャツリリースがお知らせされたニコニコ湯さんのtweetはこちら。

f:id:a24figaro:20220606214935j:image

あつ湯で蕩け、塩サウナでトゥルトゥルになって、ミニプールでぷかぷかしてさらに蕩けた🤤

サウナ室を出て塩をしっかり洗い流してから、あつ湯でアチアチになってからいただくミニプール、これは至宝。

じっとしているのもいいが、人がいない時ならば数掻き泳ぎながらクールダウンできるのが嬉しい。

湯上がりのロビーではどの色にしようか悩んだのちに黒字/赤刷りのTシャツを購入。ユーグレナを飲みながら流し札を眺めてまた蕩けた🤤♨️

同行者も三代目とギター談義に花を咲かせている傍らで、しっかりと黄色刷りを買っていた。

f:id:a24figaro:20220606214912j:image

流し札、あらためてまじまじ拝見すればするほどお宝ですなぁ。

そのものはもちろんの事、ディスプレイの仕方がまたかっこいい。

目まで蕩けさせていただく至福の時間をご馳走様でした🙏

f:id:a24figaro:20220606214915j:image

表の自販機で追い飲み物を買って飲んでいたおかげで、シャッターが閉まった所をまた見ることができた。

ユーモアがあって、いつ見ても素敵だ。

f:id:a24figaro:20220606214918j:image

言われていた通り、いただいたサボテンが翌日見事に開花。

f:id:a24figaro:20220606214932j:image

店頭では沢山咲き誇っていたが、自宅でこんなに見事な花が見られるとは、ありがとうございますです。

f:id:a24figaro:20220606214924j:image

「近かったら一人でもちょくちょく来たい」と同行者を虜にしたニコニコ湯さん。

だろう?お湯もお人柄も最高なのだよ。

 

最後までお読みいただきありが湯ございました🙇‍♂️

※1010、ニコニコ湯さんの紹介ページはこちら。

www.1010.or.jp

 

※ニコニコ湯さんで白ボディのTシャツを手に入れ蕩けたあの日のブログはこちら。

tamayura-yu.hatenablog.com

 

銭湯散歩 vol.407 松の湯 / 北区駒込 | ひろい おふろの こうかで ばつぐんに とろけた20220603

駒込駅からロータリーを抜け、本物のメガネと出逢えるお店の看板を愛でる。

f:id:a24figaro:20220604091134j:image

公園脇の坂道を下り、目指した松の湯さんに到着。

今日は明かりがついているので一安心。

f:id:a24figaro:20220604091146j:image

というのも過去に定休日を調べずに来て2回ほどフラれた過去がある。

f:id:a24figaro:20220604091122j:image

そしてこの日も調べていなかったのだ。

f:id:a24figaro:20220604091125j:image

ポケストップにもなっているようで、ピカチュウのしっぽがあしらわれた♨️マークが可愛いPOPが貼られている。

f:id:a24figaro:20220604091143j:image

お湯の種類も豊富そうで楽しみだ。

「ボディシャワー」もしやあれの事かと期待が膨らむ。

f:id:a24figaro:20220604091128j:image

入口は2階とのことで階段を上がる。

f:id:a24figaro:20220604091131j:image

ところどころに配されたレトロ感溢れる案内板がいい味を醸し出して素敵だ。

f:id:a24figaro:20220604091140j:image

外玄関に引き続き、下足箱前の音符をあしらった♨️マークも可愛い。

f:id:a24figaro:20220604091137j:image


脱衣場と浴室の仕切りには中普請の時に残して貰ったという見事な磨りガラス。

浴室奥の壁にはヨーロッパのお城、男女湯境の壁には日本の風景が描かれた鮮やかなタイル絵も見事だ。

ボディーシャワーと看板に書かれていたが、これはまごうことなきジュビナバス。久しぶりに出会えて嬉しい。

岩盤泉スペースが付いた薬湯、広々した白湯、深めのあつ湯をゆっくりいただき、立ちシャワーまで付いたハイブリッドなジュビナバスで全身を一気に冷やしての交互浴、ひろいおふろのこうかでばつぐんに蕩けた🤤

ロビーに置かれた大小2台の冷蔵庫には豊富な種類の飲み物たち、中には珍しいものもあるし、しかもお安い。

目移りしたのちにさわやかレモンをいただく。

「これさっぱりして美味しいわよね、お客さんにも好評よ」

お客さんから感想を聞いたり、ご自分でも飲まれたりしていると女将さんが話してくれた。ニーズにこたえるためのリサーチ。大事だな。

 

至福の時間をご馳走様でした🙏

f:id:a24figaro:20220604091118j:image

ゆっポくんもまたね。

f:id:a24figaro:20220604091149j:image

帰りはアザレア通りを歩いて駒込駅へ。

いろんなお店があって楽しそうな通りだ。今度はもっと早く、お店が開いている時に歩いてみたい。

最後までお読みいただきありが湯ございました🙇‍♂️

※1010、松の湯さんの紹介ページはこちら。

www.1010.or.jp